ディスコードを活用しよう!#2~Absolでの扱いと今後の狙い~

お役立ち記事!
この記事は約12分で読めます。

記事作成・公開(約15時間) 2023/01/10

Discordで聞き専でも良いのでVC参加できるかたは、Discordも利用してみましょう!(希望者はマスターかAlpha Hekmatyarまで連絡ください。招待コードを送ります)VCであればお手伝いしながらあれこれ簡単に教えられるので、かなりの時短になります!(教えるほうが楽なので、負担をかけないからこそ、聞きたい方も気軽にどんどん聞ける手軽さはVCの良さですね(*´ω`*)b)

さて!何度でも言うぞ!マスターは!みんなに周知されるまで!ヽ(=´▽`=)ノ

コミュニケーション手段の選択肢を増やすのがDiscord

Discord自体を敬遠される方は、他のコミュニティだったりでDiscordでの交流がメインで使われているところを経験したから――なんて感じでしょう。例えばゲーム内チャットが使われていない状況になったりして、普段の交流がDiscordでほぼ行われていて、VC出来る人がほとんどそこで交流していて、ゲーム内チャットで声をかけても反応がない!みたいな( ´ー`)y-~~

そういう場合は確かにVCをしている方とそうでない方との間に壁ができたりしますが、問題はDiscordを使うことが問題なのではないのだ!単純にコミュニケーション不足なだけ!(あ、自分コミュ障なんで…)と思ったそこのアナタ∠( `°∀°)/ちゃうぞー!w いや気持ちは分かる!分かるけどコミュ障な人ほどコミュ障であることを気にしていて、気にしているってことはコミュニケーションしたいってことなのよ!そこの気持ちは忘れないで!諦める理由に使わないで! VCでワイワイできる人しか入れないとか思ってたらそれも違う!そんな陽気キャラな方なんて少ない少ないw

Discordはコミュニケーション手段の選択肢を増やして、より柔軟にコミュニティが活性化させる為に使われます。そのあたりについて続いて詳しく解説!

AbsolではDiscord(VC)があっても問題は起きづらい!

他のコミュニティにおいてDiscordやVCが問題となるのは「Discordのチャット機能・VC機能を利用しないと交流ができない」という環境が問題なだけです!その点を気をつけているコミュニティおいてはDiscordのチャット・VCはコミュニティを活性化させる便利なツールとなります(‘ω’)bグッ

AbsolではDiscordのチャットやVCを利用しなくとも、雑談・質問・募集、そのほとんどがFCチャットで交流が成立しています!そうなれば「雑談」「質問」「募集」それと同列で「VC」という交流の仕方があるだけさ!だからそんなに怖がらなくて大丈夫( ´∀`)bグッ!

またDiscordで問題が起きた場合ですが、DiscordやVCの問題というよりはコミュニケーション上の摩擦よ!交流してたら多少の摩擦は起きるからね(*´ω`*) けれどダンジョンでミスをして同じミスをしないように再挑戦するように、コミュニケーションで躓いても、再挑戦すればよいのですよ!コミュニケーションが上手な方こそ、過去に山ほど失敗してるからね。失敗を経験しているからこそ上手なのです!なので「楽しく使えたらいいな」と少しでも思っている方は自分のペースでいいのでトライしてみましょ~♪

誤解されないように補足も!他コミュニティにおいて「VC禁止」「Discord利用なし」などのルールを設けている場所も沢山あります。それ自体は悪いことではないので誤解なきよう!利用しないと決めていれば、考慮する必要もないので、調整したり配慮したりする必要がなくなるので運営が楽に!なのでそういった意図をはっきりさせているコミュニティの運営のしかたもアリですアリ!ま、「絶対に禁止」なんて強いルールの場合は別の問題も発生しそうですが、それは話がそれるのでまた別の記事にて!

なお「他プレイヤーやコミュニティの悪口がある」「押しが強い人がいる」などに関してはVC以前のお話なので、そちらは割愛!悪口に関して知りたい方は次の記事を参考にしてくださいなっ!( ´ー`)y-~~

AbsolでのDiscordの現状と今後

チャット機能は「マスターお知らせ」「最新情報のやりとり」などに使われてます

HPの記事は完成まで時間がかかります!Discordでは「速報」的な感じでお知らせもしていますので、そういった「お知らせ」を見るために利用するのもありです!

またFF14に関するタイムリーな話題、たとえばメンテナンス日が判明したり、パッチノート公開されたらそのリンクが貼られてメンバー同士で共有されたりしています。基本的な雑談はゲーム内でほぼ完結しますが、そういった「あとでも見返したい情報」なんかのやり取りにDiscordは地味に便利なのです♪

緊急時の連絡手段にもなる!

メンバーと遊ぶ約束していたのに、停電してログインできない!そんな時『すみません!停電でログインできないですが、◯◯さんと約束していてログインができないかもと伝えてくれませんか!?』『おっけー!伝えておいたー』『助かります!』と、スマホから緊急時の連絡手段としても、とても便利です!

他にも『ちょっと入院しちゃってしばらくインできなさそうです!とりあえずご連絡を!』みたいなことにも使えますしね(*´ω`*) オフライン状況で連絡取れる手段があると「いざ」という時に便利なので、緊急時用に入っておくだけでも良いと思います(*´ω`*)b

みんなのスクショを載せる「あぶそる写真館」

HPに「あぶそる写真館」というマスターが作成したページがありますが、Discordにも同様の「あぶそる写真館」という部屋があり、そこはメンバーがスクショを掲載できるところです(*´ω`*)

FCメンバーと交流をした写真は共有すると「みんなほっこり」するのでそういった情報を乗せる場所として便利!特にイベント時はみんな撮影するので、他の方はどんな撮影をしたのかな?と確認できてイイッよ( ´ー`)y-~~ たまにぺたりとメンバーが貼っているので、入っておけばチラ見できます♪

VC出来る方はまだまだ少ない!

AbsolでもVCを出来る方は少ないです!間違っても(いつもそこで通話してて、私は輪に入れないから不要なんだ…)とか面倒くさいこと考えちゃったりするなよ!( ´ー`)y-~~ まず知ろう!知らないことが不安や不満に繋がります!

現時点(2023年1月頃)で一週間以内にログインしているアクティブメンバーが180-190人ぐらいで、実際VCに参加する人がどれだけいるかというと、普段は来ても3~5人ぐらいで稀に多くなって10人ぐらいです。そうするとアクティブメンバーのうち2~5%ぐらいの方しかVCに参加していません。

しかも2~5%の方も「常時」通話しているわけではな~い\\└(‘ω’)」////むしろ誰も通話していない時のほうが多いです! 理由はあれこれありますが、例えば仕事から帰ってきてゲームにログインするぞー!となってから、その日の体調・気分・やりたいことがあるかどうかで、VCを出来る「余裕」があるかはまちまち!無理してVCに参加すると「疲れて」しまいますので、VCも「本人がVCをしたい!」と思った時に参加してほしいので、毎日・いつも通話しているなどは起きていないのです( ´ー`)y-~~

今後はVC「も」活性化したい!

現状VCの活発度が低めではありますが、それでも「通話をしているメンバーがいると入ってくる」という現状から、実際に通話をしたい方はそれなりに居ます!実際、通話人数が多い時に「何をお話しているのかな?」と通話人数が15人などに達するときもあります。※めちゃめちゃ極々まれですw

ただチャット交流と同様に「無理して参加」してほしくないので「入りたい時に入る」「無理して場を設けない」という運用の仕方をしているので、誰かが常にVC部屋にいるという状況がなく「誰もいないなら入らない」ということが起きているのが現状です。

「VCを望んだその気分の時に、VCをしている人がいる」そんな状況を作り出すために、利用者を増やしたいと思っています。利用者が増えれば、他の方と仲良くなれるきっかけを増やせて、高難易度コンテンツのサポートなども非常に簡単になっていくからね!

※余談ですが現在VCに参加していただいてる方には『現状まだ少ないので、VCしたいときは1人で入っておきましょう』という運用をしています。入っているのを見かけると他の人が入りやすくなるので、余力のある時は1人で入ってもらったりしています。

VCの男女比率はほとんど同じ!

AbsolでのVCができる男女比率は、ほぼ同じです!ヽ(=´▽`=)ノ わざわざこれを書いているのは、いままでいろんな方からFC加入時などにDiscordについて質問があったりしたので、ちょこっとその話題を!他のDiscordコミュニティにおいて「男性ばかりで入りづらかった」「女性ばかりで入りづらかった」などのお話や相談がちらほら( ´ー`)y-~~

もっとも!実際深く聞いてみると性別というよりは「男性の方がオラオラな感じで、他プレイヤーを中傷している」とか「男性グループが、女性グループが、陰口を言っている」とか【悪口】が発生していることが大体の本質だったりしますが、男女比率が大きく差がつくと男性ならでは、女性ならではの悪い箇所が出やすくなったりすることもあるかなと( ´ー`)y-~~ ―――それも性別による問題ではなく「人柄」の問題なんですが…ねw

特に補足しておきたいのは女性の場合、男性と通話することに抵抗…というよりは本能的に警戒してしまうこともあると思います。特にオラオラな男性がいたり、押しが強い方がいたら、まぁVCには来なくなるでしょう!そりゃそうだ!その点についてはご安心を!そもそもAbsolに在籍し続けられる方は、「配慮できる」その気質がある程度ある方々ですから、そうでない方は自然と居なくなります( ´ー`)y-~~ 特に最初の通話をするときなどは緊張すると思いますので、その点において慎重になっている方は、マスター(Fihze Aliapoh)までその旨を教えてください!ご要望があれば同性で合っていそうな方をお呼びします( ´∀`)bグッ!

VCがあると便利なこと!

作業通話

『ギャザクラの収集ずっとしたい!でも作業してるとチャットできないから、こう作業しながら誰かととりとめのない話をしたいな~』そんな時などにVCが利用できると便利です!延々と同じ作業を続けるとき、通話でとりとめもない話ができると作業が苦痛ではなくなるので、便利便利!自分では喋れない方も、他の人の会話をラジオ感覚にして利用することもできますね(*´ω`*)b

細かく教えてもらうことが出来る、しかも時短で!

クラスやジョブのスキル回しなどについて単純な質問ではなく、もっと深く教えて欲しい、実際に見て欲しい『あ、いまのそこは◯◯だね!』みたいな瞬間のやりとりが可能になります!

そして何よりVCであれば大量の情報を短時間でやりとりできるので、それこそチャットでやると1時間2時間かかるような事が30分で済んだりします(快適!)

頼む側も相手の時間を1時間2時間拘束すると申し訳なくなってしまいますし、教える側も1時間も2時間やってると他のことが出来なくなってしまいます。そういう時にVCが使えるととても便利なのですヽ(=´▽`=)ノ

高難易度コンテンツの連携に便利!

高難易度コンテンツのなんかはギミックの解説などをチャットでやっているとそれだけで時間が過ぎてしまいます。とくに戦闘中にチャットは出来ないので『今のはこれこれだから、こうすると避けられるよ~』がVCであれば可能になりますし、それこそ『次◯◯がくるよ!』『次は散開です!』『集まってー!』とギミックのコール(呼びかけ)ができるので、攻略がとてもスムーズになります( ´∀`)bグッ!

また【自分が失敗した瞬間にみんなが全然気にしていないことがリアルタイムで分かる】これがとても大きいです!それこそ自分が死んだ時に『もうすぐ迅速あがるから私が蘇生いれる!』『頼む!』とか誰も死んだことは気にしていない会話を聞くことができます( ´ー`)y-~~ そうして(あ、全然気にしていないんだな…よかった…)と分かれば『ごめんなさい』とただ謝るのではなく『蘇生ありがとうございます!』と明るい返事を言いやすくなるからね(*´ω`*)>

メンバーのことがより深く分かる!(早く分かる)

VCはチャットよりも情報のやりとりする量がかなり大きくなります。何気ない話を聞いているだけでも「誰がどんなことをしているのか」「興味のあることは」「メインジョブは◯◯」「地図が好きな人だった」「スクショ取るのが好きな人だった」などなどの情報を知ることができます。相手のことが分かれば、声をかけやすくなったり、普段の何気ないFCチャットの発言も深みを増して見ることが出来るようになったりするからね(‘ω’)bグッ

これは元々FCチャットを見聞きしたり交流している過程でも得ていく情報ですが、FCチャットに加えてVCでもそういった情報が手に入る様になれば「より早く」分かるようになります。コミュニケーションの手段が増えるというのは、交流をする回数が増えるので単純に交流がしやすくなるよってことさ!( ´ー`)y-~~

何度かはAbsolのVCを体験してほしい!

環境的にVCができない、本当に苦手な方に無理強いはしないのでご安心を!けれど巷(ちまた)に流れている悪い噂を鵜呑みにしてしまっていて、VCを必要以上に怖がっている、VCをしたことがなくて何となく敬遠されている方、そういった方は何度か試してから判断して欲しい!

特にVCをしたことがない方は不安と心配がうごめくと思います!そういった方の場合は最初の通話が大事なので、マスター(Fihze Aliapoh)まで連絡ちょーだい!マスターとの1人だけの対話にしてもいいし、特に優しめの落ち着いた方をお呼びしてもいいからね( ´∀`)bグッ! 聞き専でも大丈夫よ!

その上で「うん、やっぱまだ苦手かな!」という方は、そのまま参加しなくても全く問題ないので、気が向いた時「また試してみようかな?」そう思った時にまたトライしましょう!あくまでもVCは交流の手段の1つです!利用しなくても全く問題はない!。・*・:≡(「・ω・)「

そしてVCに抵抗がない方が参加できる環境が出来ることはもちろん大切ですが、マスターとしてはそれ以上に【VCに苦手意識を持っている人こそが「AbsolのVCなら参加してもいい」と思える環境】を構築したいと思っています。そういった方が居れば『私もそうだったけれど、ここは安心して試せるよ』と苦手意識を持っている方に「自分もそうだった」と伝えられますし、いざ新しい方が入ってきた時に「気配り」や「配慮」が自然と出来るのでとても大事なのです(*´ω`*)

少しずつそういった気配りの出来る方を増やして少し増えてきた――というのが今の現状です!まだまだ足りていないので、苦手意識をもっているけど、ちょっぴり、良い環境なら試してみたいなぁと思っている方はマスター(Fihze Aliapoh)まで声かけて!一人一人に合った形で誘導します( ´∀`)bグッ!

↓イイねも忘れずに(/ω・\)チラッ
 (一番下にあるコメントも出来れば是非!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました