#1 [重要] 誰か/何かへの悪口はできるだけ避けよう! ~コミュニケーションで大切なこと1⃣~

サポートコラム!
この記事についての諸注意
  • この記事はコラム記事に共通する「土台となる部分」の【悪口】について解説しています
  • この記事は「一応の完成」をしていますが、この記事を作成するにあたり別記事としたほうが良いと判断されて「分離された項目が多く存在」します
  • 分離することである程度コンパクトにする狙いは無事達成できたものの、分離してしまったことで話の「つなぎ」の部分が失われ、話の構成の仕方が少し荒くなってしまいました
  • 非常に気になるので修正したいところですが、修正すると分離記事まで書き上げないといけなくなりそうで、とりあえずは今の構成のまま公開することに(この記事の作成のために、分離した記事の時間も含まれますが、すでに20時間以上かかっています_(:3 」∠)_)
  • 他の記事の作成後に記事の修正、参考リンクの追加などの再校正をかける予定です
  • 根幹の話なので、記事として楽しませる言い回しまで余力が回っていません。多少文章が硬い・真面目な部分が強く出すぎている状態です。その為、コミュニケーションに不安を抱えている方が閲覧すると不安を少し強めてしまう可能性もありますが、他のコラム記事の土台として大切な記事ですので、まずはここをさらっと把握していただいて、具体例のコラムで増えた不安を減らしていただけると助かります。
  • これらの点に留意した上でのお読み下さい( ´ー`)y-~~
  • 色を塗りたくり過ぎたので、あとで整える予定です(12/6追記)

誰か/何かへの悪口の例と、その影響について

悪口の種類と、その例

誰か/何か悪口は「不和」や「誤解」を引き起こしやすい為、基本は避けたほうが良いです​(「・ω・)」例を挙げると『野良で会ったタンクさんが○○だったわぁ~』『あの人メンターつけてるのに優しくないからメンターの資格がないよ』など個人への攻撃が分かりやすい例ですね( ´ー`)y-~~

けれど実際にはもっといろんな悪口の種類があって『○○種族は△△だ』『あの装備はダサくてありえない』『このコンテンツはつまらない』『運営もっとしっかりしろよ』などの種族・装備・コンテンツ・運営などへの悪口もあります。

悪口を「基本避けるべき」なのは、悪口は前提として「いい話」ではないのでコミュニケーション能力がある程度高くないと「会話を良い方向性」に持って行きづらいという理由があるからです。

悪口の影響について

例えば『野良で会ったタンクさんが○○だったわぁ~』のような発言がチャットで流れた場合、多くの場合「自分の事ではなくとも、人を悪く言っているのは気持ちのよいものでない」と感じます。

特に初心者さんであったりタンクが不慣れな方などは(自分もそう思われてるのかな…)と不安に感じますし、それがコミュニティ上の発言であると(そういう発言を良しとしているFC/LSってどうなのかな…)など、関係のない方まで誤解が広がってしまいます。実際のところは「いい話ではない」ので【返答に困っていて誰も何も言えない….】ってだけなんだけれどね( ´ー`)y-~~

『野良で会ったタンクさんが○○だったわぁ~』
  • (人の悪口は聞きたくないぞー!やめてくれーっ!)
  • (そんなタンクさんを支援してこそなのに、なんでそういう事いうのかな~)
『あの人メンターつけてるのに優しくないからメンターの資格がないよ』
  • (なんでマウント取ってるんだろう…)
  • (だめだと思うなら代わりに自分がメンターしてあげればいいのに)
『○○種族は△△だ』
  • (私その種族なんだけど!?なんでディスられてるの!?)
  • (私もそういう印象は持ってるけれど、それは個人の感覚だし、好きな人も居る中で言っちゃだめでしょ~、自分の種族がそういう悪口言われたらイヤなはずなのになー)
『あの装備はダサくてありえない』
  • (えっ、ダサくないんだけど…)
  • (ダサいのは分かるけど、それが好きな人がいるでしょうに!)
  • (決めつけ発言はちょっと気分よくないかな)
『このコンテンツはつまらない』
  • (そのコンテンツ好きなんだけど…)
  • (今となっては物足りないなって思うけれど、初見のときはそんな風に感じなかったし、初心者さんに誤解を伝えてしまいがちな発言かなー)
  • (FF14大好きだから、コンテンツを否定する意見は聞きたくないよ~)
『運営もっとしっかりしろよ』
  • (そう思うなら、建設的な意見で公式フォーラムに書き込めばいいのに、なんでチャットで言うかな~)
  • (運営めっちゃ頑張ってるじゃん!その運営を否定する発言は聞きたくないな…)

「悪口を言っている人=悪い人」では基本的には【ない】

悪い人ではなく、まだ「気づけていないだけ」と考えよう

1つだけ誤解をしやすく注意をして欲しいところなのですが「悪口を言っている人」「悪い人ではない」場合が非常に多い、ということです。実際には【配慮する必要があることに気がつけなかった】【誤解されることを気がつけなかった】ということがほとんどだからです。

なぜ「悪い人」だと考えてはいけないか

たしかに気がつけていなく、実際に不和な影響が出てしまったのなら悪い事だったのかもしれません。けれど「発言が良くなかった」だけで「その人自身」まで悪いと決めつけてしまうのは新たな誤解・新たな不和を生んでしまいがちです。

「初めてのネットゲーム」「初めてのMMO」「初めてのチャット交流」「初めてのグループ交流」な方々などは特にですが、経験したことがないことを気をつけられるわけもなく、むしろ交流を始めたらいくらでもそういった経験をする機会に出会うのが当たり前です。

「悪い人」と決めつけてしまうとその人の行動全てが悪く見えてしまい、自分の目を曇らせてしまいます。本当は優しく「気づかせて」あげるべきなのに(またなんか変なこと言ってるよ)(配慮できない人だな)などと悪い方向にしか考えなくなってしまうからです。一度悪い人だと考えると口調も強くななってしまいがちで、そんな怖い口調で指摘をしたとしたら―――蓋を開けてみたら単純に交流が不慣れなだけの初心者さんの心をへし折っている可能性もあります。

本来ならば【気がつけていないのを優しく指摘して、お互いに気持ちよく遊べる関係を築く】のが最高のゴールのはずです。そもそも気がつけていないのだから本人が気づけるわけもなく、それに気がつけている側にこそ取れるアクションがあります。

安易に「悪い人」と考えると、自分こそが悪い人になっている場合もある

むしろ(またなんか変なこと言ってるよ)(配慮できない人だな)と安易に決めつけてしまうのは、その悪口を言ってしまった方と同じことになっている場合もあります。

ちょこっと気をつけてもらう、ただそれだけで仲良くなれる可能性があるのに「配慮ができない人」=「改善の余地もない」と決めつけている、そんな人に自分がなっていることに【自分自身が気がつけていない】という場合があります。自分の言動を振り返る機会は意識しないと忘れがちなので「たまに」でよいので『本当にあの対応でよかったのかな?』『もっと上手くやれる可能性はなかったかな?』と振り返ってみると新しい「気づき」があるかもしれません( ´ー`)y-~~

気がついていないことを気づくのは非常に難しいので、このHPではそういった「気づき」の切っ掛けになれるようなコラム記事を書いていければと思っています(‘ω’)bグッ

悪口を言ってしまった方を「他の方と仲良くなる手段」として使うのは極力避けるべき

(配慮できていないな~)とちらりと考えてしまうのは人として自然なことなので、自分の頭の中だけで思ってしまう分にはまだ問題はないのですが、その思考回路がパターン化して「別の可能性を考えなくなってしまった」ときが非常に危うくなります。

特に陰口(かげぐち)など、悪い言動をとった人を否定する話題をだして「他の方と仲良くなろうとする」のは意外とやりがちで危険なところです。いわば「悪口を言った人」の悪口を言っているわけですから、そう考えると――あれ?ってなると思います。

ただ「決してやってはいけない」とまでは言わないのだけれど、またこれが絶妙にバランスが難しく…陰口については別の記事にて掘り下げる予定ですが、とりあえずここでは「悪口を交流の手段として使うと結構危険だよ」と覚えておけばOK!

補足事項・まとめ

具体例の記事を参考にしてください

悪口に関しては非常に多くの「会話の状況」「自分と相手、聞いている人との関係」「言い方」「フォローに回れる方の有無」etc.etc…によって、全く答えが異なってきます。グループAというコミュニティでは楽しい会話につながるやり方が、グループBでは不和や誤解を生んでしまう――なんてこともあるあるです。

多分このあたりの複雑さが「コミュニケーションは難しい」なんて一言にまとめられがちです。けれど全てをまとめて考えてしまうから難しいと誤解されがちなだけで、1つ1つのケースの具体例を挙げ、さらにそれを構成する状況を正しく把握すれば、1つ1つはそんなに難しいことではないのです。

そういった具体例は別記事として順次挙げていきますので、詳しくはそちらと参考にしてください。

この記事はすべてのコラム記事の「土台」部分を扱っています

この記事の目的としては、具体例を挙げる記事すべてに共通して言える土台の部分に「誰か/何かへの悪口」が含まれていることが非常に多く、不和を招きやすく、誤解されることに繋がりがちである――そういう危険要素が含まれているので扱いには気をつけて欲しい!避けておいたほうが無難!というが少しだけでも感じてくれたらそれで十分です(‘ω’)bグッ

「誰か/何かへの悪口」まとめ
  • 悪口は「いい話」ではないので、良い方向に会話を持って行きづらい!
    ※話題として基本向いていない
  • 悪口を言っているひとは「気がつけていない」だけ!
    ※改善の余地は十分あるし、会話慣れしていない初心者さんである可能性も考えよう
  • 悪口だと気がついた人こそに、とれるアクションがある!
    ※気がついていない本人が「気づく」のは難しい
  • 悪口を言っている人の悪口を言っている人にならないように気をつけよう!
    ※悪口を誰かと仲良くなる手段にしていないか再確認を
  • 結論、とりあえず悪口になり得るものは基本避けておけば何かと平和!
    ※『小難しい話は分からんが、とりあえず避けておくか!』ぐらいの感覚で

最後まで記事を読んでいただききありがとうございます。多くの光の戦士さんの1つの参考話としてお伝えしたい(判断は個々に任せる!)ので、少しでも「共感」「なるほど。」と思うところが下にあるシェアボタンから知らせていただけると助かりますm(_ _)m

↓イイねも忘れずに(/ω・\)チラッ

コメント

タイトルとURLをコピーしました